面接で何十社以上も落とされた。ノックの回数が関係している!?

就活という言葉が定着してもう何年経つのでしょうか。
人手不足ですぐに就職できる時代にはそんな言葉はまだ生まれていませんでした。

 

今では、何十社も入社試験や面接を受けるのは当然の時代になってしまいました。
多い人は100社以上も受けているというお話も聞きます。

 

そして、入社試験は合格しても面接で不合格になる場合も多いようです。
やはり雇う会社側としては、その人のことを知りたくて面接をする訳ですから、
受ける側もそれ相応の心構えを持たなければいけないと思います。

 

会社によっては「人物第一」と面接だけという場合もあります。
入社試験で筆記試験はなくても、面接は必ずあるものですね。

 

そして、面接といえば第一印象が大事なことは言うまでもありません。
第一印象が悪いとおそらく不合格になることでしょう。
(すべてがこの限りではありませんので、その点は誤解なさらないでくださいね)

 

服装、身だしなみ、言葉使い、身の振る舞いなどで印象が決まるものです。
細かい内容は後程お話していくとして、突然ですが面接の際、ドアをノックして入室する場合があったら、
ノックは3回の“コン・コン・コン”です。

 

以前に私が得た常識なのですが、通常の2回ノックはトイレでのノックなんです。
でも、ドアのノックは普通2回になってしまっていますが…
日常では2回で済ませていても面接時は3回が目安のようです。

 

面接官の中には、ノックの回数で減点をされる方もおられるようです。
「ドアの3回ノック」少しのマナーが好印象を与える場合もあるかもしれませんよ。